こちらはpatanouchi.com 新サーバです。
国際結婚、海外生活
お悩み相談 愚痴モード ★楽天海外販売★
▼法律(特に移民法)に関する質問及び回答はご遠慮下さい。 ■転載/広告 禁止■マルチポスト禁止■ ▼禁止事項:アダルトまたは成人向けコンテンツ(性的なパフォーマンスに関する助言やアドバイス 、妊娠、出産、家族計画についての性に関する医療アドバイス 性感染症に関するディスカッション)、政治関連トピック、掲示板をプロパガンダの手段として使用する事。 著作権上問題のある可能性のあるコンテンツを配信しているページやサイトへのリンクやトラフィックの誘導。
掲示板の使い方 | 井戸端会議 | 料理&レシピ集 | AMAZON.COM
  新規 ┃ツリー ┃HL ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃注意事項 ┃災害情報交換  
12 / 52 ツリー ←新旧→ 

末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・・ モルヒネ 21/1/26(火) 7:08
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... むすめ 21/1/26(火) 12:04
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... おすすめ動画 21/1/26(火) 19:11
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... さらん 21/1/27(水) 7:18
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... wk 21/1/27(水) 10:29
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... Mel 21/1/28(木) 20:32
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... じゃぽん 21/1/28(木) 22:40
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... 心の支え 21/1/29(金) 0:58
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... 夢子 21/1/31(日) 6:05
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... モルヒネ 21/2/1(月) 9:45
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・... hope 21/2/8(月) 15:32
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは... apricot 21/2/18(木) 2:53
Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは... ありがとう 21/2/19(金) 1:49

末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは・・
 モルヒネ  - 21/1/26(火) 7:08 -
  
今夏に兄がステージ3の胃がんと診断されました。33回の放射線、抗がん剤を頑張り、がん細胞が小さくなり始めたところで癌の最高峰の病院で手術をすることになりました。
が、、、開腹してみると癌は膵臓、横隔膜、食道と散らばり手の施しようがない状態で、手術は中止、本人はまだ本当のことを知らないです。
Pet検査などでは映らない部分が殆ど癌となっていたそうです。

母は病院で大泣き、一緒に後を追うと言って聞きません。姉が今日は実家に泊まり、母のそばにいます。そして兄はもうじき退院。余命は半年から1年。(治療すれば)

抗がん剤をすれば、地獄のような副作用がまたはじまり、立つこともできません。精神も崩壊。そんな状態で1年耐えさせるのは酷です。なので痛み止めをうちながら、がん治療を中止することになると思います。最後はモルヒネ。。

兄は死ぬのが怖くて、毎日震えています。痛いとのたうち回りながら、まだ生きたいと・・・。だから手術にも挑んだ。
独り身の母は、自分の子供が先に旅立つことになり、見たくない現実を受け入れる時期となり混乱状態。
私も日本にすぐ帰りたいのですが、小さな子どもたちがいるし、仕事も失うことになります。2週間の隔離も必要だし、、私には時間がありません。帰れないのが悔しい・・・。

兄から癌の痛み、そして死への恐怖を少しでも取ってあげたい。
また、彼はモルヒネを入れると意識が朦朧としてしまうので、まだ拒んでいます。まだ人間でいたいと。。
毎日ラインをして兄へは連絡しています。でも私ができるのはそれだけ。彼の精神は崩壊寸前で、無力を感じます。
働き者で真面目で優しい最高の兄なのに、こんな酷い罰は酷い、、。泣いても泣ききれません。母も自分のせいだと言って、自分を悔いてばかり。

残された時間、どうか母には1人で立てるよう強くなってほしい。
コロナで制限はあるけど、兄には沢山の場所に連れて行ってあげたい。友達にも合わせてあげたい。仕事もできるならさせてあげたい。

折を見て、私も帰国する予定ですが今すぐというわけには行きません・・・。

一緒に育った兄がもうすぐ居なくなってしまうなんて辛すぎます。でも親である母はこの苦しみが何百倍だと思います。

末期がんの家族を看取った方、もし宜しければ少しお話を伺えないでしょうか?
もう何処にすがって良いのかわかりません・・・。
短くても、この人生良かったと最後は言ってほしいです・・・。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 むすめ  - 21/1/26(火) 12:04 -
  
お兄様もご家族のみなさまも大変お辛い毎日を過ごされ、涙が出てきます。

私は父を(癌ではなかったのですが)最近失くしまして、つい居ても立っても居られない気持ちになりました。

現実と、お兄様のお気持ちとの間におられ、お気持ちもまだ落ち着かぬうちに、こんなことを言うようでどうもすみません。

わたしは、お兄様がやはり後悔のないような生き方をされるのが一番よいように感じました。このまま治療を続け辛いまま延命を望むか、それとも緩和ケアをしつつ残りの人生で会いたい人との時間を大切にするか、見たい・行きたいところを訪れるなど、大切な残りの人生はお兄様が決められるのが良いのではないでしょうか。

そんな非人情的なことをよく言えるとおっしゃられるかもしれません。
私も、自分で書きながら涙がとまりません。

お食事はもうご自身の口からは難しいという理解で良いのでしょうか。胃がんですと、本当に痛みに耐えるのに必死でおられるのではないでしょうか。

『地獄のような』というほどの辛い治療を続ければ、治癒するであろう、という希望をお兄様は持っておられるようです。病院には、末期癌を患う方のご家族に向けて、どうしたらよいかの相談ができるグループなどはないのでしょうか。仮に、医師としての経験からも、そうした患者さんの心理についてお考えがあれば、共有いただけるのではないでしょうか。

一番、お兄様がどういう方かご存知なのは、やはりご家族みなさまかと思います。
お兄様のこれまでの人生に少しでもやり残したことがあるのであれば、私なら知恵をしぼって、少しでも役立ちたいと思うでしょう。

遠くにお住まいということで歯痒いお気持ちもわかります。
しかし、ラインなどで毎日やりとりができる心の近い距離でおられるとは、すばらしいご関係ですね。大変な気持ちを聞いてあげられるだけでも、お兄様の気持ちが和らぐのでは、と思います。

つらいお気持ちは、どうか無理せずに吐き出してください。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 おすすめ動画  - 21/1/26(火) 19:11 -
  
腫瘍内科医師の押川勝太郎医師の動画が参考になります。
なるべく早く緩和治療を受けると体調がよくなくるので、ずっと長く生きられるようです。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 さらん  - 21/1/27(水) 7:18 -
  
大変な状況ですがInformed consentてとても大事ではないですか?
今は関係者全員が感情的になって、誰も冷静な判断が出来ていないと思いました。

本人に現状を知らせないと治療方針も決められないですよね。ご本人に知る権利、治療を選ぶ権利があると思います。お医者様の方から伝えて貰えないのでしょうか。

一般的には緩和ケアに移り、QOLを向上させて安らかな気持ちで最後を迎えられるようにしてあげます。カウンセリングなどの心理的ケアもあります。モルヒネ以外の痛み止めのオプションもあります。抗うつ薬や抗不安薬も出してもらえます。

トピ主さんに今できるのは緩和ケアの受け入れ先を探して、最良のケアが受け入れられるように、金銭的援助をすることではないでしょうか。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 wk  - 21/1/27(水) 10:29 -
  
父が気付いた時には末期がんで半年の命と言われそれからキモと何回かして一年後に亡くなりました。父本人は数年、抗癌治療したら5年くらいはと勝手に考えていました。数年前の事です。私は海外生活が日本で暮らした時間より長いので驚いたのですが、父は半年という事は医者からも知らされる事はありませんでした。母もそれは言えない、ということで、私達子供(兄と弟)はその意見を尊重しました。でも、告知を本人が受けないで壮絶な抗癌治療をするのはいいのか、と私自身が受け入れられず辛かったです。

モルヒネですが、抗癌治療も効果がなかったからこれからは緩和治療でと言われた時(これも家族だけに伝えられました)担当の医者と面談に私も出席して話を聞いたのですが、モルヒネを打つことで廃人になるのではない、痛みを和らげながらどれだけ本人がいいQOLを過ごせるか、である、と言われました。

意識が朦朧、ということはまだ始まったばかりだから調節が出来てないだけではないでしょうか? ただ、痛みはとても恐怖を感じるので痛みが来るのが怖くて先に量を増やしてもらう(痛いと言ってお願いする)事もあると思います。

後、そのような病院には緩和ケアの家族のサポートがあるはずです。私も何度か母と参加しました。ボランティアとか病院のソーシャルワーカーと話をするだけですが、これは母にとってよかったと思います。緩和ケアを理解して、実際に患者にも触れている人と私達家族の不安とか悩みを聞いてもらうのはよかったです。

最後に、お兄さんは家に帰りたいのでしょうか? 父の場合は痛くなるのが怖いと家に帰るのを拒みました。私達の場合それがよかったと思います。病院通いする母は大変でしたが、一日のうち少しでも一人の時間があるのは母の精神上とてもよかったと思います。

愚痴を聞いてもらう相手がいるだけでも助かると思うので、トピ主さんは自宅などにできるだけ連絡して兎に角聞き役になるのも出来ることなのでは、と思います。

これくらいの事しかかけませんがまた何かあったらここに書き込んでください。何もできないけど応援しています。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 Mel  - 21/1/28(木) 20:32 -
  
モルヒネさん、お辛い状況お察しします。

私は去年父を亡くしました。勿論84歳と言う年齢でしたのでお兄様の状況とは全く異なりますが、大事な肉親と言う点では少しは理解できると思います。

先日妹から「お父さんにしてあげたかった」とこんな記事を見せられました。
NKT細胞標的治療「 RIKNKT(R)」と言う治療法があって、末期癌にも効果がある人がいる、と言う記事です。

https://gan-senshiniryo.jp/immuno/免疫療法のqa

https://news.yahoo.co.jp/articles/6cc565ce3594296834b644a9561025537ec8f6cc

変な期待をさせるつもりはありませんが、若い方なら試してみる価値はあるかと思いました。
費用は300万ほどかかるようですが、万が一お役に立てばと思い書き込んでいます。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 じゃぽん  - 21/1/28(木) 22:40 -
  
ガンの痛みの緩和を積極的に行なっている医療機関または
医師にかかっていますか?
痛みは全ての恐怖の原因です。

もしまだでしたら1日でも早く痛みに対する治療を始めることを
おススメします。

緩和治療、緩和ケア、ホスピス、痛み外来、疼痛診断科…診療科の
呼び名はいろいろあります。

ガンの痛みに対して有効な薬は幅広くあります。
代表的なものはモルヒネですが
オピオイド系
非オピオイド
コデイン
などなど

投薬方法もいろいろあります(ex. 内服、座薬、神経ブロック、注射
点滴、CVポートからの注入、パッチ...etc)
単独使用で痛みのコントロールができる方、2つ、3つ、4つ…の薬や
方法のコンビネーションで効果が出る方、個体(個人差)、ガンの種類
部位でカナリ違います。


お兄様の痛みが1日でも早く緩和されますように。


▼モルヒネさん:
>今夏に兄がステージ3の胃がんと診断されました。33回の放射線、抗がん剤を頑張り、がん細胞が小さくなり始めたところで癌の最高峰の病院で手術をすることになりました。
>が、、、開腹してみると癌は膵臓、横隔膜、食道と散らばり手の施しようがない状態で、手術は中止、本人はまだ本当のことを知らないです。
>Pet検査などでは映らない部分が殆ど癌となっていたそうです。
>
>母は病院で大泣き、一緒に後を追うと言って聞きません。姉が今日は実家に泊まり、母のそばにいます。そして兄はもうじき退院。余命は半年から1年。(治療すれば)
>
>抗がん剤をすれば、地獄のような副作用がまたはじまり、立つこともできません。精神も崩壊。そんな状態で1年耐えさせるのは酷です。なので痛み止めをうちながら、がん治療を中止することになると思います。最後はモルヒネ。。
>
>兄は死ぬのが怖くて、毎日震えています。痛いとのたうち回りながら、まだ生きたいと・・・。だから手術にも挑んだ。
>独り身の母は、自分の子供が先に旅立つことになり、見たくない現実を受け入れる時期となり混乱状態。
>私も日本にすぐ帰りたいのですが、小さな子どもたちがいるし、仕事も失うことになります。2週間の隔離も必要だし、、私には時間がありません。帰れないのが悔しい・・・。
>
>兄から癌の痛み、そして死への恐怖を少しでも取ってあげたい。
>また、彼はモルヒネを入れると意識が朦朧としてしまうので、まだ拒んでいます。まだ人間でいたいと。。
>毎日ラインをして兄へは連絡しています。でも私ができるのはそれだけ。彼の精神は崩壊寸前で、無力を感じます。
>働き者で真面目で優しい最高の兄なのに、こんな酷い罰は酷い、、。泣いても泣ききれません。母も自分のせいだと言って、自分を悔いてばかり。
>
>残された時間、どうか母には1人で立てるよう強くなってほしい。
>コロナで制限はあるけど、兄には沢山の場所に連れて行ってあげたい。友達にも合わせてあげたい。仕事もできるならさせてあげたい。
>
>折を見て、私も帰国する予定ですが今すぐというわけには行きません・・・。
>
>一緒に育った兄がもうすぐ居なくなってしまうなんて辛すぎます。でも親である母はこの苦しみが何百倍だと思います。
>
>末期がんの家族を看取った方、もし宜しければ少しお話を伺えないでしょうか?
>もう何処にすがって良いのかわかりません・・・。
>短くても、この人生良かったと最後は言ってほしいです・・・。
>
>どうぞよろしくお願い申し上げます。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 心の支え  - 21/1/29(金) 0:58 -
  
私も一昨年 ガンで父を亡くし、その前の年はガンではありませんが、兄弟をなくしました。トピ主さんも大変なストレスの中過ごされていると思います。お兄様、お母様もそうですが、ご自分も大事にしてください。

私の父は肺がんを患っていましたが、高齢なこともあり、積極的な治療をせずに過ごしました。余命も本人が正直なところを聞きたいといって、担当医師から3−4か月の余命宣告をうけ、そのあと1年半ほど生きることができました。私も3回短期で帰国できました。最後の一か月は痛みがひどく緩和治療で受けたモルヒネで意識もうろうとしていましたが、それまでは苦しい中も優しく我慢づよい父でいてくれたことに感謝でいっぱいです。

私の両親はクリスチャンなので、その信仰が死を目の前にしても、彼らを支えたのだと思います。また、教会の牧師さんには本当によくしていただいて、しょっちゅうお見舞いもしていただき、教会のコミュニティー、お友達に助けられました。お兄さんは何か信仰はありますか?今特に信者さんでなくても、先祖がお世話になったお寺とか卒業校のコネクションとかあれば、助けを求めても良いと思います。お金儲けのための怪しい宗教はマズいですが、キリスト教の牧師さん、神父さんでも、お寺さんでも 宗教家の方は ”死んだらどうなる?”という大きな質問に答えるために存在しているようなものです。私自身は信仰がありませんが、死を目前に宗教に答えを求めるのはありだなあと思っています。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 夢子  - 21/1/31(日) 6:05 -
  
私もまだ30代だった姉を癌で亡くしました。癌発覚から一連の処置をし、安堵していたある日、再発、転移と言う最悪の診断をされました。
それから、更に抗がん剤治療、放射線治療等再開しましたが、
確か、抗がん剤治療は体力の消耗が激し過ぎて、予定より長期に渡って行われました。 
その長く辛い抗がん剤治療が終わった数ヶ月後、手術の癒着があると言う事で開腹手術をした所、臓器のほぼ全てを癌でやられていました。
そこからは、食事も出来ず、歩行困難等あっという間にほぼ寝たきり状態になりました。

最後は緩和ケアになりました。モルヒネで廃人にはなりません。
モルヒネは鎮痛剤です。
いよいよ死が近づくと、幻覚や意識からくる痛みに襲われるので
鎮痛剤が作用しなくなります。
鎮静剤投与が始まりました。
この鎮静剤によって、いわゆる廃人の様な状態になります。
会話、意思疎通、食事、排泄等全てが不可になり、24時間虚ろな目をして寝ていました。
亡くなる1週間前頃から最後までこう言った状態でした。

お母様もご家族も大変辛い状況ですが、
是非お兄様に心残りがない様に生前に、色々話し合って見て下さい。
特にお兄様にお子さんがいらっしゃる場合は。

何も出来ずもどかしい気持ちで一杯でしょうが、
時差を利用して、眠れないお兄様の話し相手になってあげては?
癌治療は孤独だと聞きました。
貴方のご家族の為に祈ります。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 モルヒネ  - 21/2/1(月) 9:45 -
  
お礼に時間がかかってしまい、大変失礼致しました。

励ましのお言葉、本当にありがとうございます。

動画も保険の効かない光免疫などの治療も既に調べていましたが、兄には免疫疾患がありすべて対象にはなりませんでした。

転移が酷く、薬が効いて1年の余命。免疫力は80しかありません・・・。
母は、わかってる・・・と言いつつも、夜な夜な、やっぱり兄がいないのは耐えられないとラインが来ます。兄からも、激痛で痛いよーと夜中にラインが来ます。こっちの時間では朝六時で、朝は子供たちのご飯の準備をしながらラインを返して、仕事に行って、合間にラインを返して・・・。子供たちの学校が終わり夕飯の準備をする4時からは、また母に電話して・・・。兄にラインを送って・・・。ノンストップです。でも、いつかこのラインはなくなってしまうんだと思うと、無視できない・・・。

彼は結婚もまだしていないし、親孝行だってまだこれからするかって言っていた矢先でした。世界一の親不孝者だって泣いてました。
シングルマザーで、かつ長男は母親にとって本当に特別なんですよね・・・。
これからもっと状況はひどくなっていくんだろうと思うと、本当に参ってしまいます・・・。でも受け入れていくしかないのが辛いです。ごめんなさい、弱音ばかりで。

みなさま、お辛い経験をシェアしてくださりありがとうございました。私もがんばります。


せめて2年くださいと毎日手を合わせています。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 hope  - 21/2/8(月) 15:32 -
  
祈っています。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 apricot  - 21/2/18(木) 2:53 -
  
モルヒネさん、

お辛い毎日だと思います。
私は下のほうにあるトピの重病のご主人を介護してらっしゃる方いますか?のトピ主です。
私が最後の方で書いたことをここで繰り返させてください。

**************************************************

今ご主人が辛い闘病をなさっている方にお伝えしたいことがあります。
これはその人の存在がなかったら私は精神的に乗り切れただろうかと感謝しても仕切れないほど支えてくれた友人がかけてくれた言葉です。

コロナで面会も叶わず、そんな中で保険の関係で知らない土地の施設に移らなければならなかった時、もちろん事前のツアーなどできず本当にこの施設で良いのか、手がかかりすぎると邪険にはされまいか、意地悪な人が周りにいないか、ちゃんとケアしてもらえるのか。。。そんな疑心暗鬼で取り乱しそうになっていた時、彼女はが私に言ってくれた言葉です。
頭に不安な思いがよぎったら、その思いにフォーカスせず、ご主人は強い運があるから大丈夫!とその都度かき消すこと、それを繰り返しているうちに、そういう気持ちも薄れていくはず。その病院には天使のような方々がたくさんいると信じる!悪い事を想像してると、その想念が低いエネルギーとなってご主人の足を引っ張ることになりますから、気をつけて!と。

そしていよいよ夫の状態が危なくなってきた時には、
自然の中に身を任せていれば、ご本人にとっては気がつかずとも最善の方にちゃんと導かれていく。心を鎮めて運命に身を任せて大きな存在に全て委ねるとちゃんと進むべき道にいられると。

面会できずにいた時に、彼女は、イメージで夫をふわふわの温かい毛布に包んであげるように、そうすれば私の気持ちがきっと届くと言ってくれました。夫をむくむくのあったかい毛布にくるんであげて、そこに優しい温かい青緑の光が注ぐイメージを繰り返すことで離れていても私は夫がきっと大丈夫、あとはもう大きな存在にお任せする、という気持ちになれたんです。

これらの言葉が他の方にも響いてくれるのかはわかりませんが、私はこういう言葉で本当に救われました。
人生はとは学びであること、感謝することを忘れないこと、そういうことを学んだように思います。

**************************************************

辛い毎日と思いますが、どうかご自身の体も労ってあげてくださいね。
引用なし
パスワード


Re:末期癌の痛みと死への恐怖、家族ができることは...
 ありがとう  - 21/2/19(金) 1:49 -
  
▼apricotさん:

私はトピ主さんやapricotさんと同様の経験はしていません。
ただ、詳細は省きますが不安で不安で押しつぶされそうになる状況で、自分の精神状態をどういう風にもっていったらいいのかわからず迷子のようでした。
apricotさんのレスを読んで、少し希望というか道筋がひとつ見えたような気がしました。 ありがとうございます。  
不安をすべて解消することはできなくても、なんというか乱気流にあってもなんとか自力で風が少し弱いところに移動できるかも、という希望のようなものができました。

ここからはトピ主さんへのレスになるのかつぶやきになるのかわかりませんが、、、。
私は最近もう一つ希望というか、心の支えのようなものになる言葉に出会いました。
日本の2年の余命宣告を受けた関本さんという医師の方の言葉で「ガン患者は溺れる者ではない。 人生の最後まで泳ぎ切れる力を持っている」というものです。(もうご存じの場合はすみません)
私は患者ではないので、実際に病と闘っている人と感じ方や解釈は違うかもしれません。 でも、心に響きました。
トピ主さんやお兄さんお母さんが今いる状況に軽々しく言えないかもしれませんが、、、、ご自分でも気づいていないかもしれませんし、私もうまく表現できないのですが、お兄さんはちゃんと自分なりに泳ぎ切れる力があると信じます。 
そうは見えないかもしれないけど、それなりにちゃんと泳いでいる。
お母さんもトピ主さんもです。 その「力」の存在を信じることはこのjourneyを乗り切ることへの希望になると思います。 
この言葉を聞いてから、どんな力かは漠然としていますが、自分はもとより日本の家族の力を信じようという気になりました。 苦しんではいるけれど自分たちが持つ力を信じることで少し楽になるのではないでしょうか。  長々とまとまりもなくてすみません。  お兄さん、お母さん、そしてトピ主さんのためにお祈りしています。 

>モルヒネさん、
>
>お辛い毎日だと思います。
>私は下のほうにあるトピの重病のご主人を介護してらっしゃる方いますか?のトピ主です。
>私が最後の方で書いたことをここで繰り返させてください。
>
>**************************************************
>
>今ご主人が辛い闘病をなさっている方にお伝えしたいことがあります。
>これはその人の存在がなかったら私は精神的に乗り切れただろうかと感謝しても仕切れないほど支えてくれた友人がかけてくれた言葉です。
>
>コロナで面会も叶わず、そんな中で保険の関係で知らない土地の施設に移らなければならなかった時、もちろん事前のツアーなどできず本当にこの施設で良いのか、手がかかりすぎると邪険にはされまいか、意地悪な人が周りにいないか、ちゃんとケアしてもらえるのか。。。そんな疑心暗鬼で取り乱しそうになっていた時、彼女はが私に言ってくれた言葉です。
>頭に不安な思いがよぎったら、その思いにフォーカスせず、ご主人は強い運があるから大丈夫!とその都度かき消すこと、それを繰り返しているうちに、そういう気持ちも薄れていくはず。その病院には天使のような方々がたくさんいると信じる!悪い事を想像してると、その想念が低いエネルギーとなってご主人の足を引っ張ることになりますから、気をつけて!と。
>
>そしていよいよ夫の状態が危なくなってきた時には、
>自然の中に身を任せていれば、ご本人にとっては気がつかずとも最善の方にちゃんと導かれていく。心を鎮めて運命に身を任せて大きな存在に全て委ねるとちゃんと進むべき道にいられると。
>
>面会できずにいた時に、彼女は、イメージで夫をふわふわの温かい毛布に包んであげるように、そうすれば私の気持ちがきっと届くと言ってくれました。夫をむくむくのあったかい毛布にくるんであげて、そこに優しい温かい青緑の光が注ぐイメージを繰り返すことで離れていても私は夫がきっと大丈夫、あとはもう大きな存在にお任せする、という気持ちになれたんです。
>
>これらの言葉が他の方にも響いてくれるのかはわかりませんが、私はこういう言葉で本当に救われました。
>人生はとは学びであること、感謝することを忘れないこと、そういうことを学んだように思います。
>
>**************************************************
>
>辛い毎日と思いますが、どうかご自身の体も労ってあげてくださいね。
引用なし
パスワード


  新規 ┃ツリー ┃HL ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃注意事項 ┃災害情報交換  
12 / 52 ツリー ←新旧→ 
ページ:  ┃  記事番号:   
1,798,244
(SS)C-BOARD v3.8.1β4 is Free.
管理人:MP (ご意見ご感想及び削除はこちらまで)
Buy Me A Coffee


プライバシーポリシー